盲導犬学校キャラバンに参加してきました。

H29.11.22
本年も盲導犬の普及啓発活動を行う松江湖城ライオンズの奉仕活動に参加してきました。
本年は、当社社長がPTA会長に就任している関係から、該当校として松江市立東出雲中学校の1、2年生を対象に開催されました。

盲導犬についての現状として、日本には約30万人の目の見えない方、見えにくい方がおられ、
3000人が盲導犬を希望していますが、現在活躍している盲導犬は951頭であることを本年も学習しました。
 
白杖では地面に気を取られ、頭部付近の注意がおろそかになったり、とても神経を使うので、かなり疲労が蓄積してしまうようです。
盲導犬であれば、活動範囲は飛躍的に向上しますが、一方、生き物であるため、当然、日常のお世話が発生することから、白杖のニーズも根強いことなども教えていただきました。

生徒たちは、盲導犬ユーザーさんや訓練センターの方の講義を一生懸命に学び、体験しました。
この時間を経て、少しでも思いやりや優しい気持ちを醸成することにつなげてくれたらうれしいなと思いながら、進行しました。

当社は引き続き盲導犬育成事業に協力して参ります。

DSC_0305
DSC_0303
DSC_0321