春が来ました。

2018.03.01

早いもので今年も2ヵ月が経過し、3月となりました。
半月前は当社構内は雪で覆いつくされていましたが、つい最近、雪が解けたかと思えば空気が春の装いとなっていることを感じます。当社社員も大変な冬を経験しましたが、その大変さを感じたからこそ、当たり前に来る春をより一層、穏やかな季節と感じます。

私もこの冬、各部門で頑張っている当社社員さんを通じ、多くのエネルギーをもらいました。
先日、社員さんへコメントを発信しましたので、そちらの文章を用いて皆様へも当社社員の今冬の頑張りをお伝えしたいと思います。

雪で思うように配送が進まない中、
雪道を運転し大きな事故やガス切れなく必死で頑張られた配送メンバーさん。
多数の凍結対応に回られながらも、営業・発生業務だけでなく配送のお手伝いをして下さったり、
日直を替わって下さったサービス課・保安課さん。
朝早く岡山を出発され、峠を越えて本社まで毎日ガスをお届けして下さった輸送課さん。
凍結の電話対応に追われながらも笑顔を絶やさず家庭と会社の仕事に奮闘する女性社員さん。
大きな事故なく春に向かっていくこと。応援体制も含め、皆さんの心掛け、頑張りの成果と思います。
皆さんの頑張りを見て私も学ぶことが多く、力を与えてもらいました。
課のメンバーさんへも今冬を乗り越えたこと、労りの念を各自お伝えして下さるようお願いします。
そして季節が変わってもその時々でできることを各自考えていけたら、
より良い働きができるのではないかと思います。

 
このような言葉をお伝えしました。

「雪解け」には「雪が積もっていた状態や、その時期から解放される」という意味もあるようです。
山陰の皆様は、降ってはつもる雪に大変な思いをされながら生活されたことでしょう。
積雪、凍結の際には思うように業務が進まず、ご不便をおかけしたお客様もおられたことと思います。
そのような中で、ボンベ周りの雪かきをして下さったり、給湯器凍結防止に努めて下さったり、
配送員、営業社員へ暖かいお声かけをして下さったお客様、大変ありがとうございました。

今後も社員一同、お客様のお力になれるよう頑張ってまいりますので、引続きよろしくお願いいたします。